日本最大級の海外個人輸入アイテムランキング☆口コミ☆コミュニティーサイト @トニック

@tonic

その他レディス

その他レディス部門ランキング

ランキング1位 ESTROMON(エストロモン)

 エストロモンは、女性ホルモン剤「プレマリン」のジェネリック医薬品です。卵胞ホルモン(エストロゲン)を補給し、更年期障害など女性特有の症状を緩和されます。女性の閉経前後には、火照り、のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、イライラなどの症状が出てくることがあり、一般に更年期障害と呼ばれています。


ランキング2位 Provera(プロベラ)

 プロべラは主に黄体ホルモンの減少による月経異常や子宮からの異常な出血を指す機能性子宮出血、又不妊症や早産や流産の恐れがある時の治療に用いられます。黄体ホルモンの減少に伴う更年期障害の諸症状の改善、骨粗しょう症の予防や治療が期待されます。女性ホルモン剤のひとつで妊娠維持作用や子宮内膜分泌化作用に効果があるとされています。


ランキング3位 K-Y(ケーワイ ジェリー)

 KYジェリーは女性の性感を刺激的にさせる効果をもつ女性用性感ジェルです。不感症でお悩みの方へ、またはセックスレスのカップルの方へおススメなKYジェリーは匂いもなく、副作用もなく、ローション感覚で安心してご利用いただけます。また、膣内の血行を活発にさせる働きもあり、絶頂感を敏感にもたらし且つ長続きするということで人気のアイテムです。


ランキング4位 oestrogel(エストロジェル)

 オエストロジェルは、17β-エストラジオールを主成分とする、更年期障害のホルモン補充療法として用いられる医薬品です。女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)にはエストロン、エストリオール、エストラジオールなどの種類があり、中でもエストラジオールは強いホルモン作用を示しホルモンバランスの崩れをケアすることができます。オエストロジェルを使用することにより、更年期障害の諸症状を緩和が期待できます。


ランキング5位 yasmin(ヤスミン)

 ヤスミンは2001年度にアメリカ合衆国食品医薬品局(FDA)の販売許可が下りた新しいタイプの経口避妊薬となります。アメリカ国内でも多くの女性に処方されている低用量避妊ピルの一種です。ヤスミンは体重増加をなるべく無くす事を目的に商品開発された経口避妊薬です。

ランキング6位 Biozole(バイオゾール)

  ダイフルカンのジェネリック医薬品です。カンジダ膣炎を含む、真菌による女性器に対する感染症に服用される医薬品となります。
カンジダとは、カビの一種で、この真菌、カンジダ菌は通常から身体の中に繁殖しています。通常の体調であれば何も症状はありませんが、体調の悪化や風邪などで体力の低下があったり、抗生物質などを利用し違う菌との 総合的なバランスが乱れたりした時に、カンジダ菌によるの症状が出現する場合があります。


ランキング7位 Marvelon 28(マーベロン)

  マーベロンEDは、月経周期を28日周期で調整する経口型避妊薬となります。
今までの経口避妊薬に多かった7日間の休薬日後の服用の忘れから、避妊効果が無くなってしまいがちでしたが、マーベロンは薬を服用しない7日間の休薬中にまったく成分の入っていない錠剤プラセボを服用する事により、飲み忘れを未然に防ぐ事ができます。


ランキング8位 Oilezz(オイレズ)

  オイレズは、第4世代のもっとも新しい経口避妊ピルです。アイルランドのオルガノン社が開発販売しています。
ホルモン薬の含有量を小量にしてある二相性の超低用量ピルで、避妊効果はもとより、男性ホルモンの余分な活動を阻害する事から、お肌の余分な皮脂の分泌を制御する働きが確認されており、女性のお肌のニキビ予防・改善に効果があると報告されています。従来の避妊ピルと異なり、1シートには22錠がパッケージされており、薬を飲まない期間が6日間と通常の避妊ピルより1日短いという特徴があります。


ランキング9位 Mercilon 28(マーシロン)

 マーシロンは、ホルモンのバランスに大きく影響されるという黄体ホルモン、別名デソゲストレルならびに卵胞ホルモン、別名エチニルエストラジオールの作用により、卵巣自体が肥大することを制御し、排卵の機会を防止する避妊薬の一種です。マーシロンは日本でも一般的な低用量ピルとされるマーベロンと同じ成分が含有される医薬品です。マーシロンは含まれるホルモンの量を低く抑えて、より身体への負担を軽減している事が挙げられます。


ランキング10位 FASIGYN(ファシジン)

 トリコモナス膣炎に非常に高い抗菌作用があるとされる抗生物質となります。
様々な嫌気性バクテリア、トリコモナス原虫、偏性嫌気性菌に対してファシジンは第一選択薬とされています。
効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。

投稿日:2018年5月10日 更新日:

Copyright© @tonic , 2018 All Rights Reserved.